ノビルンとは?

ノビルンとは?
ノビルンは高光製薬が開発した子供の成長を助けるサプリメント。

骨や歯の発達に欠かせないカルシウムとマグネシウムを2:1の理想的なバランスで配合。

さらにビタミンD、ビタミンB6、アルギニン、スピルリナ、数種のアミノ酸など、成長期の栄養補助に効果的な成分がたっぷりつまっています。

ラムネ味とココアチョコ味の2種類を用意していますから、薬の嫌いなお子様もお菓子のように服用することができます。

ノビルンの全成分

ノビルンの全成分は以下のようになっています——

砂糖、マルトデキストリン、ドロマイト、卵黄蛋白加水分解物、乳清たんぱく、米たんぱく質、オリゴ糖、スピルリナ原末、α-GPC加工食品[α-GPC(グリセロホスホコリン)、加工油脂]、L-オルニチン塩酸塩、L-シトルリン、酸味料、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、結晶セルロース、香料、プルラン、L-アルギニン、甘味料[アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物]、ビタミンB6、ビタミンK2、ビタミンD

ノビルンの優れた成分について

ノビルンの優れた成分について
骨を強くするにはカルシウムをしっかり摂取すればいい、といわれてきましたが、実は体に取り込むのは中々大変。

カルシウムを普通の食事で摂っても、そのほとんどが体外に排出されてしまうからです。

さらにインスタント食品やお菓子を食べると、そこに含まる「リン酸」によってカルシウムはさらに吸収されづらくなります。

そんなカルシウムを体内に蓄積し、栄養素として取り込むにはマグネシウムの存在が欠かせません。その配合率の理想はカルシウム・マグネシウム=2:1だといわれています。

成長サプリのノビルンはその理想配合率を実現するため、「ドロマイト」という天然由来の成分を活用。

このドロマイトはカルシウムとマグネシウムを共に含んでいて、理想とされる2:1で体に吸収されます。

さらにノビルンに配合された「ボーンペップ」が骨の生成にアプローチ。カルシウムとともに摂取することで、骨が伸びるのを助けたり、密度や強度をアップします。

その上、「ビタミンD」も入っていて、小腸でのカルシウムの吸収を補助。カルシウムの吸収はさらによくなり、成長期の骨や歯の形成へと導いてくれるのです。

ただいくら身長が伸びても、体の組織そのものを補強しないとその高さを支えきれません。それをキチンとカバーしてくれるのが「ビタミンB6」となります。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要とされる栄養素。皮膚や粘膜の維持には欠かせません。ノビルンはこのビタミンB6もたっぷり配合して、骨と皮膚組織の成長バランスをとってくれます。

そしてノビルンの成分はこれだけでは終わりません。さらに注目すべきは「アルギニン」などのアミノ酸です。

アルギニンそのものがサプリメントの主要成分となりうるスター的な栄養素。それを補助的に使うというぜいたくさで、さらにオルニチン、シトルリンなど、他のアミノ酸もたっぷり含まれています。

また、スーパーフード「スピルリナ」も配合。50種類以上の栄養を含んでいる貴重な物質で、野菜不足を補うのに効果的。栄養成分の多さもさることながら、95%以上という消化吸収率の高さが注目され、WHO(世界保健機関)もその摂取を推奨しています。

とにかくノビルンに配合されている材料や成分の品質は非常に高いものです。

ノビルンのQ&A

ノビルンのQ&A

Q.ノビルンって小学生でも飲めるの?

A.ノビルンは薬品ではなく、あくまでサプリです。噛んで食べることができれば、何歳でも問題ありません。

Q.ノビルンは高校生が飲んでも効果がある?

A.男の子は16歳、女の子は14歳が成長のピークといわれています。

ただ食事・睡眠・運動などの生活習慣を改善すれば、男の子の場合は20歳、女の子の場合は17歳頃まで身長は伸び続けます。

思春期が終わっても成長が止まるわけではないので、ノビルンを服用してさらに背を伸ばしましょう。

Q.ノビルンに副作用はあるのか?

A.原材料には副作用の心配のあるものは含まれておりません。さらに成長期のお子様が使用されるものなので、品質と衛生管理を徹底しています。安心して服用できます。

ただ、アレルギーのある方は成分一覧をチェックの上、担当医に相談されることをおすすめします。

Q.ノビルンの定期コースは解約可能?

A.定期コースは3回以上の継続が条件です。3回目の商品が到着するまで、途中解約は不可となります。

解約したい場合、4回目の発送予定日の10日前までに電話をして、その旨を伝える必要があります。

Q.大人が飲んでも効果がある?

A.成長期が過ぎているので、ノビルンを服用しても背が伸びることはありません。ただ、カルシウムやビタミンがたっぷり配合されているため、栄養補給源として用いることができます。

Q.ノビルンは返品可能?

A.商品到着後14日以内なら返品できます。ただし、未開封の商品に限りますので気をつけて下さい。

ノビルンの7つの特徴

・栄養素を効果的に取り込むため、カルシウム、マグネシウム、ボーンペップの最適な配合バランスを実現。

カルシウムの吸収をさらに促すビタミンD、さらに頑丈な体の組織を生成するビタミンB6も配合。

・実験によって子供の身長を伸ばす効果が証明されたアルギニンを含有。その上、オルニチン、シトルリンなど、多数のアミノ酸も配合。

・配合されたα-GPCは、母乳にも入っている安全成分。医薬品との併用もできる。

・スーパーフード「スピルリナ」も配合。50種類以上の栄養素を含み、野菜不足対策に役立つ。

・合成保存料・着色料は一切無添加

日本国内のGMP認定工場での製造。さらに放射性物質や重金属の検査もクリアしている。

ノビルンの効果は本当?

ノビルンを飲み続けると、身長と筋力がそれぞれアップする、といわれています。

しかし本当にそのような効果があるのか、疑問に思っている人も多いようです。

そこでノビルンの中に配合された成分をチェックし、本当に身長・筋力がアップするのかどうか調べてみました。

まず成分一覧を見ると、骨の生成に役立つカルシウムが含まれています。

カルシウムはミネラルの代表的なもの。人体が新しい骨を作り出すメカニズムを支えています。

骨を丈夫にするということは、結果的に身長を伸ばすことになります。

つまり、カルシウムは身長アップ効果に不可欠な成分というわけです。

また主成分として、マグネシウムが配合されています。

マグネシウムもミネラルの1つ。そしてカルシウムと同じように骨の発育に欠かせない栄養素です。

カルシウムと一緒に摂ることで血圧を安定させることが可能。これにより発育アップ効果が期待できます。

さらにシトルリンという成分が入っています。

シトルリンというのは聞き慣れない名前ですが、実はスイカの果汁に含有された必須アミノ酸なのです。

血流を促す働きを持ち、成長ホルモンの分泌もサポートしてくれます。

さらに摂取の上で運動を行うと、筋肉の生成にも役立ちます。

こうしてノビルンに配合された成分をチェックしてみると、確かに成長のサポート効果を期待できそうです。

ノビルンに副作用はないの?

ノビルンは子供の成長をサポートするサプリメント。それだけに配合成分による副作用について心配するご両親も多いかもしれません。

ノビルンの全成分を見ると、最も多く配合されているのは、砂糖、マルトデキストリンといった糖分。砂糖はもちろん、マルトデキストリンもトウモロコシや小麦から抽出されたものなので、体にはほとんど害を及ぼしません。次に多い成分であるドロマイトも、カルシウムとマグネシウムが理想的なバランス(2対1)で含まれている天然のもの。飲料・ふりかけに盛んに配合されている安全な物質です。

そのほかの成分も天然由来のものばかり。古くから食品類に使われていて、重篤な副作用の報告はされていません。少なくとも原材料を見る限り、長期に渡る摂取で問題が起こる心配はないでしょう。

ただ、原材料欄には「卵、乳成分、大豆を含んでいる」と注記されています。卵、乳成分の2つは、食品表示法で「特定原材料」に指定されているアレルゲンです。もしこの2つを食べてアレルギー反応が出た経験のあるお子さんは、摂取に注意した方がいいでしょう。

ノビルンの成分・アスパルテームについて

ノビルンには甘味料としてアスパルテームとL-フェニルアラニン化合物の2つが配合されています。

この2つはセットになってお菓子類によく入っているのですが、近年、特にアスパルテームに対する批判が目につくようになり、一部の人間が「体に害を及ぼすとんでもない添加物だ」と盛んに主張しています。

その発端となったのは、『買ってはいけない』という本の出版です(1999年)。この本は広く市場に出回っている商品についてその「問題点」を指摘し、あえて「買うべきではない」と断言した内容のもの。

扱われているアイテムには家電などもあるのですが、特に食品については扇情的な調子で非難したため反響が大きく、雑誌・新聞が取り上げたこともあってその影響が広がっていきました。同書はベストセラーとなってシリーズ化(パート10まで続刊)。「……はいけない」という言葉を使った類似本が次々と出版されたほか、『「買ってはいけない」は買ってはいけない』、『「買ってはいけない」は嘘である』などの反駁本まで出版され、食品添加物に対する一般の注目を集めることになったのです。

アスパルテームについてもやり玉にあげられ、「頭痛やめまいが起こる」「うつの原因になる」「摂りすぎると失明する」「糖尿病になりやすい」「記憶力が低下する」など、様々な副作用を列挙して「病気の元」とまで決めつけています。

ただ、これらの症状の元となるデータについては疑惑が持たれており、そのことが反駁本を生む原因となりました。

アスパルテームというのはそもそもアスパラギン酸とフェニルアラニンから出来ていて、これらは両方ともアミノ酸です。「アミノ酸」というと化学調味料と勘違いする人もいますが、この2つのアミノ酸は生命維持に重要な役割を果たす物質。体内でタンパク質となります。

そもそもアスパルテームが甘味料として使われるようになったのは、その甘味が砂糖の200倍もあったためです。もちろん、新しい食物原料が食品や飲料への添加を許されるには、厚生労働省から安全性試験と客観的な評価を求められます。アスパルテームについても、安全性評価が綿密に行われました。

アスパルテームの「害」を主張する人は、アスパルテームが体内組織に蓄積されることで健康被害を及ぼすと考えているようですが、摂取してもそのまま血流に入ることはないので、体内組織に蓄積される心配などありません。

アスパルテームは現在、130ヶ国以上で安全性が確認されている甘味料です。摂取しても何の問題もない、と考えていいでしょう。

更新日:

Copyright© 『本当に効いた!ノビルンの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.